てちてちブログ

心理系、福祉系の話題が多いです。少しでも皆様に役立つ情報を発信できればと思います。

幼保一元化!?幼稚園と保育園が一緒になる??

こんにちは。すっかり寒くなってきましたね。

今年も秋が短く、すぐに冬となってしまうのでしょうか、、、。

 

さてさて、今回は幼保一元化についてお話したいと思います。

幼保一元化とはなんぞや?という方のために。幼保一元化とは、保育園と幼稚園をひとまとまりにしてしまおうという政策のことで、少子化や、待機児童の増加、幼稚園の経営難などの観点から、保育所と幼稚園を一緒にした方がいいのではないか?という考えのもとでやっています。

ずっとそのような政策をとってやっているのですが、、いつ実現するのやら。

自分はまだ大学生ですが、将来子どもができたときのことを考えてしまいますね。

そもそも幼稚園は文部科学省の所轄であり、保育園とは役割が全く違います。いわば学校みたいなものですからね。そのため、保育士よりもやや難度の高い幼稚園教諭の資格が必要です。

 

現在は、保育園と幼稚園を併せ持った機能をしている「認定こども園」というものがあります。親としては、金銭的にもかなり通わせ安く、普通の保育園と比べて教育の指導もしっかりしています。しかしその一方で、幼稚園教諭と保育士の資格をどちらもとらないといけないんですよね。

 

ただでさえ保育所は人手不足なので、「認定こども園」の有資格者が多くないということも容易に想像がつきますね。「認定こども園」への特殊な資格を設けるなどして対応していくのが良いのかなという印象を受けています。

 

いずれにせよ、もし保育園と幼稚園が一緒になったら、園児を持つ親としては神経を使うところも少なくて済みますし、経済的な費用で教育を受けさせてあげられるという点ではかなりいいかもしれませんね!

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。