てちてちブログ

心理系、福祉系の話題が多いです。少しでも皆様に役立つ情報を発信できればと思います。

PCR検査を全国民が受けた方がいい!←これは誤りです。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国民全員が新型コロナウイルスの陰性陽性を判定する、PCR検査を受けた方がいいのではないか?という声があります。

 

 このような声が上がる真意はわかります。連日、「今日は全国で新たに〇〇人の感染が確認されました。」というような報道をされていますが、発症しているかもしれないのにも関わらずPCR検査を受けずに過ごしている人もいるわけだから、実数値がわからない。そのためいっそのこと全員が受けたらいいのでは?というようなことです。

 

 確かに確実な方法のように思えます。

 しかし、それは大きな誤りなのです。今日はどうしてその考え方が誤りなのかということについて記事にしていきたいと思います。

 

 

 まず大前提としてですが、この世に精度が100%の検査など存在しません。

 90%前後であれば、十分高精度なものであると言えます。

 

 例えばの話です。コロナウイルス罹患率0.1%の患者に検査を施すとします。

 (もしコロナウイルスの疑いがあまりないとすると、実際0.1%よりも低い。単純計算で、日本の人口が1億2千万人だとすると、その0.1%は12万人となるが、実際の感染者数よりも大幅に多い。)

 

 ここで感度を90%、特異度80%とします。(適当な数字だが、精度は高い。)

※感度・・・実際に陽性の人が、PCR検査によって陽性と判定される確率のこと。

      例えば実際に陽性の10人が検査を受けるとそのうち9人が陽性、1人が陰性  

      と判断される。

 

 特異度・・・実際には陰性の人が、PCR検査によって陰性と判断される確率のこと。

       例えば実際に陰性の10人が検査を受けると、そのうち8人が陰性、2人が        

       陽性と判断される

 

 

 

 ここに被験者が10000人いるとします。罹患率は0.1%であるため、そのうち実際に罹患している人が10人、罹患していない人が9990人となります。

 

 まず罹患している人10人を見ていきましょう。罹患している人10人のうち、感度が90%であるため、陽性と出るのは9人、陰性と出るのは1人です。

 

 続いて罹患していない人9990人を見ていきます。罹患していない人9990人のうち、特異度80%なので、陰性と出るのは7992人、陽性と出るのは1998人となります。

 

 

 さあここで、検査によって陽性と判断された人を見ていきましょう。

 この被験者10000人のうち、陽性と判断された人は合計で2007人います。しかし内訳を見るとどうでしょうか。

 陽性の2007人のうち、実際に本当に罹患しているのはわずか9人です。

 精度の高い検査なのにも関わらず、実際のほとんどの人が罹患していないのに陽性と出てしまったということになってしまいます。

 

 

 この例は、医師国家試験でも取り上げられたようなのですが明らかに陰性であると思われるような人が検査を受けることは適切でないということを証明する問題となっています。

 あくまで検査は陽性の疑いのある人が実際に陽性なのかどうか判定することに適していると言えます。

 

 

 

 念のためPCR検査を受けた方がいいんじゃないのか。なんて思っている人もいるかもしれません。しかし、それはかえって危険な思いをすることになる可能性もあります。

 特にコロナだと思われるような疑いがないのであれば、検査を受けるべきではありません。

 引き続き日々の予防に力を入れて頑張っていきたいですね。

 

 

 

拙いブログではありましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました(^^)/