てちてちブログ

心理系、福祉系の話題が多いです。少しでも皆様に役立つ情報を発信できればと思います。

洗っても消えない疲労臭。その実態は?

 

 加齢臭や口臭など。体から発される体臭というものは、誰でも気を付けなければならない問題です。最近はスメルハラスメント、通称「スメハラ」なんて言葉もあるくらいです。

 

 さて、体臭といっても様々あるのですが、皆さんは疲労臭というものを聞いたことはありますか?

 名前の通り、疲労によって生じる臭いのことです。

 

 ですがこの疲労臭は対策は、突発的な対処法がないうえに臭いとしてはかなりきつい厄介なものになっているのだとか。

 この疲労臭の原因及び対処法を探りつつ見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 疲労臭の原因とは?

 

 疲労によって、肝臓や腎臓の機能が低下することが原因に挙げられるそうです。

 具体的に申し上げますと、例えば肝機能でしたら運動不足、アルコールの過度の摂取、ストレスなどがあります。腎機能でしたら食生活の乱れなどに原因があるそうです。

 それにより、体の中で分解されるはずのアンモニアがうまく分解されずに残ってしまい、汗と混ざって体外に排出されることが原因のようです。

 実際汗には臭いはなく、汗によって洋服に雑菌が繁殖することで臭いが生じるそうです。ですので、例えば朝の通勤の時に汗ばんだときに臭いを感じたら、それは疲労臭の疑いがあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 疲労臭の対策は?

 

 疲労臭が生じないようにするためには、内臓の機能に対しての対策が重要視されているということがわかりました。

 上で上げた具体例(運動不足やアルコールの過剰摂取など)に沿って述べていけたらと思います。

 まずは運動不足の解消です。

 外に出る時間があまりないという人も多いと思います。それは仕方ありません。

 ですので自宅でできる運動というのもあります。

 詳しく解説されてる記事を貼っておきますので、興味のある方はこちらをご覧ください。詳しくはこちらです↓

 余談ですが、疲労を感じるときにこそエクササイズや有酸素運動は有効です。

 リラックス効果があるといわれている他にも、睡眠の質の向上なども期待でき、1石3鳥です。個人的に運動は最もメリットの大きい対処法だと考えます。

 

 続いてアルコール摂取の制御です。臭いが気になった場合、アルコールの摂取も極力控えるようにした方がいいのかもしれません。

 疲労臭かも?と感じる方の中に、最近飲みすぎているなと感じている方がいらっしゃった場合は、もしかするとこれが原因の1つにあるのかもしれません。

 アルコールとかって控えるタイミングがないとなかなか控えようという気になれませんよね(;^ω^)

 これを1つのタイミングと捉えて、週に1日休肝日を設けるとか、何杯までにするという決め事を作るとか、自分でできなければ他人に管理してもらいつつやっていくのもありかもしれませんね。

 

 最後に食生活の乱れの解消です。

 食べるタイミングが不規則だったり、栄養バランスが整っていなかったりする場合もこれにあたります。

 特に動物性脂肪や、動物性たんぱく質の取りすぎには注意が必要だそうです。

 具体的に申し上げると牛乳や卵などですね。

 摂取しすぎてしまうと、肝臓に負担がかかり、肝機能に支障を与えてしまう懸念があるのだとか。注意しなくてはなりませんね。

 

 また当然栄養バランスも重要になってきます。

 1汁3菜を心掛ける食生活(主食、汁物、主菜、副菜)が大切です。

 特にその中にもアンモニア臭を防ぐのに効果的な食材があるのだと言います。

 

   食物繊維・・・ごぼう、れんこん、きのこ、海藻...etc

   オルニチン・・・しじみ、ヒラメ、キハダマグロ、チーズ...etc 

    クエン酸・・・梅干し、レモン、グレープフルーツ等

 

 今すぐなんとかしたい!と考えている方にはいいかもしれません。

 

 

 まとめ

 いかがでしょうか。特に難しい対策とかはないんですよね。でもちょっとしたことが重なってしまうと後から対処するのが大変だったりするかもしれません。

 疲労臭は、特効薬がない上にそれが臭いの原因だということに気が付けずにいる人も多いという難敵でもあります。

 しかしながら「疲労臭なのではないか?」という疑いをもっているだけでも、アルコールを抑えたり運動を始めたり食生活を気にしたり、と健康に非常にいい習慣を身に付けるチャンスでもあるのかもしれません。

 そのようなきっかけとして利用しよう!という前向きな考えを持つのもいいかもしれませんね!

 

拙いブログではありましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました(^^)/