てちてちブログ

心理系、福祉系の話題が多いです。少しでも皆様に役立つ情報を発信できればと思います。

自然にやってない??ポジティブハラスメントとは

 

 

 自己肯定感の低い人が、昔に比べて増えてきていると言われています。

 自己肯定感は、確かに高い方がいいという場面が多いかもしれませんが、「自己肯定感が低いのは悪」「ポジティブが善」というようなレッテルを張りすぎてしまうばかりに、それがハラスメントになってしまうケースがあると言います。

 

 今日はこのポジティブハラスメントについてみていきたいと思います。

 

 ポジティブハラスメントとは?原因は?

 ポジティブが善という世間の風潮

 ポジティブ思考が正しく、善であるという風潮がありますよね。皆さんもこれは実感しているのではないでしょうか?

 しかしこれが、ハラスメントを巻き起こします。ネガティブな考えや、ネガティブな言動を目にしただけで、頭の中のサイレンが鳴り、「ポジティブにしなきゃ!」と1人で湧き上がるのです。

 大事なのは、ポジティブの方が良いというのは、一般論でも正解でもなく、1つの価値観でしかないという理解なんですよね。

 別にネガティブで人に迷惑をかけているわけでもないし、それが悪いということはありません。

 世間の風潮に惑わされず、個人の性格を尊重すべきであると考えられます、

 

 

 

 ポジティブを押し付けることを優しさだと思っている

 ネガティブ思考の人に対して、「ポジティブに行かないとだめだよ!」ということが優しさだと思っている人がいますが、これは間違いです。

 ネガティブというマイナス要素から救ってあげようとしているのかもしれませんが、そこにも、「ポジティブが善」で、「ネガティブが悪」という前提があります。

 その前提が強いからこそ、優しさだと思ってしまうんですよね。 

 

 

 

 そもそも簡単に自己肯定感は獲得できない

 これはそもそもの話ですが、人間簡単に自己肯定感を高められたり、プラス思考になれたりするものではありません。

 自己肯定感というのは、自分の内面的な問題であり、長年によって培われてきた部分というのが大きいのです。そのため、自分の性格に根強く残ってしまっている部分があります。ですから、一言で変えられるような簡単な話ではないのです。

 上司の人に、「プラスに考えていこうよ!」と一言かけられても、気持ちはありがたいですが、正直簡単に改められるものではありませんよね。

 繰り返しになりますが、やはり個人の個性として受け入れる心が大切になってくると言って良いと思います。

 

 まとめ

 いかがでしょうか。ポジティブに行こうぜ!と軽く言うのは良いかもしれませんが、しつこく説教じみた話をしたり、長々と話すのはハラスメントになりかねないのです。

 

 僕自身ネガティブですし、自己肯定感も低いですが、ネガティブにだってメリットや、良い部分がたくさんあるんです。そのことをもっと知ってくれたら嬉しいなあって僕は思います。

 

 

 

 拙いブログではありましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました(^^)/