てちてちブログ

心理系、福祉系の話題が多いです。少しでも皆様に役立つ情報を発信できればと思います。

【プロ野球】熾烈な新人王争い!村上か?それとも近本か!?

 

こんにちは。

 

ソフトバンクホークスのリーグ優勝が決まり、プロ野球2019は無事幕を閉じましたね。

 

しかしながらこの時期は、ドラフトやトレード、獲得交渉などファンからしたらたくさんの違う楽しみがある時期でもありますよね!

さあそんな中で当人が気にかけているのは新人王争いです。

今回のブログでは特にセ・リーグについて取り上げさせて頂きたいと思うのですが、

 

何といっても今年の新人王争いはレベルが高い!!!

 

シーズン序盤までは様々な選手の新人王が予想されていました。

主な選手として、床田(広)、上茶谷(De)、村上(ヤ)、高橋優(巨)、若林(巨)、近本(神)などです。

しかしこの中でも特に村上(ヤ)と近本(神)の成績が最終的に際立っていると言え、今や完全にセ・リーグは二強状態です。

まずは上記の6選手たちの今シーズンの成績を、近年の新人王選手と比較しながらご覧ください。

まずは野手からです。

   野手  試合  打率  打点  盗塁   出塁率  OPS  本塁打
 近本光司(神) 142 0.271 42 36 0.313 0.689 9
 村上宗隆(ヤ) 143 0.231 96 5 0.332 0.814 36
 若林晃弘(巨) 77 0.239 21 11 0.335 0.685 5
【2017】京田(中) 141 0.264 36 23 0.297 0.652 4
【2016】高山(神) 134 0.275 65 5 0.316 0.707 8
【2010】長野(巨) 128 0.288 52 12 0.33 0.821 19

 

野手の新人王は、2010~2018の9シーズンの中で3人と少なめです。

赤抜きの数字は特に突出していると考えられる数値です。

阪神近本の、打率及び盗塁数(今シーズンの盗塁王)は過去の新人王と比較しても全く引けを取らず、アピールポイントとしてはかなり強力です。

また、近本選手は新人のセ・リーグ最多安打記録をミスター長嶋さん以来実に61年ぶりに更新しました。

シーズン通して第一線で出場し続けられる怪我しにくさや安定感もかなり魅力的です。

一方の村上も、OPSが0.814と高く、36本塁打という驚異的な数字を出しています。

高卒2年以内の36本塁打は1953年の中西太さんの記録と並び歴代一位

このように、上記の二人は、新人王の記録というより、1選手としてNPB全体で考えても偉大な記録を残していると言えます。

そして次に投手の新人王候補と言われていた選手たちの、歴代新人王と比較した今シーズンの成績です。

投手 試合 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ 三振 与四球
床田寛貴(広) 25 139 2/3 2.96 7 6 0 101 53
上茶谷大河(De) 25 134 3.96 7 6 0 102 54
高橋優貴(巨) 18 93 3.19 5 7 0 89 53
【2018】東(De) 24 154   2.45 11 5 0 155 42
【2015】山崎(De) 58 56 1/3 1.92 2 4 37 66 11
【2014】大瀬良(広) 26 151 4.05 10 8 0 116 40

 

 以上が歴代新人王と比較した、候補投手の成績です。

新人王候補の三人はいずれも先発なので、2018年度の東選手と、2014年度の大瀬良選手と比較しやすいかと思います。

かつての新人王の二人はいずれも二桁勝利をしており、チームへの貢献度が高いと言えます。また投球回や与四球、防御率奪三振など、アピールポイントが高い水準でみられると言えます。

もちろん三人も、新人二年以内でのこの成績は優秀であると言えますが、歴代の新人王と比較すると、突出した数字が残されているとはいいがたく、野手の2人のインパクトと比べると難しいかもしれません。最低でも二桁勝利をしないと難しいのでは?と考える専門家の方もいます。

選手のタイプも違うので、非常に比較するのが難しいというのが毎回議論になるところです。

チーム情勢から、貢献度を考えると近本に軍配が上がるのでは?という声がある一方(昨年最下位から3位に上る上で絶大な貢献をしたと考えられている)、高卒二年目で、本塁打数が実に66年前の記録にならんだ村上の長打力も捨てがたく、今年は村上だろう!とする声もあります。

ほぼ確実にどちらかなんでしょうけど、なんだかどっちに決まっても波乱が巻き起こりそうですね(笑)

ちなみに当人は阪神のファンですので、期待の意味を込めて阪神の近本と予想します!!!!('Д')

 

11/26(火)に行われる「NPB AWARDS」で今年も新人王が発表される予定だそうです。とても待ち遠しいですね!!!

 

拙いブログではありましたが、ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました。