てちてちブログ

心理系、福祉系の話題が多いです。少しでも皆様に役立つ情報を発信できればと思います。

大学生のアルバイトは得?損?時給1000円での労働をどう見るか

 

 こんにちは。

 僕は現在大学生として、日々学業に励みながら、アルバイトや一人暮らしでの自炊、サークル活動に励んでいるといったような状況です。

 そんなときによく考えるのは、時給1000円でバイトしているが、それはそもそも得なのか? という漠然とした疑問です。

 「今僕は時給1000円で働いているけれど、この1時間と1000円を交換することは、果たして得なのだろうか。」といった感じです。誰しも考えたことがあるのではないでしょうか?

 人生という長いスパンで見たときに、大学生が時給1000円で自分の時間を削ってアルバイトをすることが本当に得なのかな?という疑問が常について回っています。

 大学に通っていると「俺今月10万稼いだわ!」とか、「やばいもうすでに扶養外れたわ」などというような話を聞くのですが、自分はそのようにしたいとは思えないのです。

 

 完全に僕の価値観込みの話になってしまうのですが、データなどを用いて考えてみたので注目していただけたら幸いです。

 

 

 

 

 まず、大卒で大人になったら時給いくら稼げるのか?

まずは、平均年収から時給を割り出してみます。

マイナビさんのデータによると、20代前半の平均年収は373万円です。この時期が人生で最も年収としては低い時期で、そこから上昇し続けた後40代後半になると最高の820万円となります。

まず、大学卒業したてである、20代前半の平均年収、373万円の例で考えてみましょう。

月に貰える額は、373÷12=31.08333…となります。

次に週5日で、1日8時間働いたと考えましょう。そうすると、

31.0833÷20(月の労働日数)÷8(1日の労働時間)=0,194…

このように0.194万円と出ました。つまり単純計算で、時給1940円で働いているわけですね。

 

次に40代後半の820万円の例です。

上記と同様に計算すると、820÷12÷20÷8=0.4270...

このようになります。なんと時給換算すると4270円にも上ります。

 

20代前半の時給1940円という数字にも驚きですが、40代後半の4270円というのもかなり驚きの数値ですね。

時給1000円の自分からはとても縁遠いなというような額です。

 

 

 

 

 時給4270円の大人がよく語ることは?

 

 

40代後半の平均年収から考え、このような表記をさせていただきましたが、一般的に40代後半くらいになると語られることがあります。(40代後半の人に限った話しではないが)

それは、「大学時代もっと楽しんでいればよかった」「サークルに時間を使えばよかった」「もっと勉強しておけばよかった」などという時間の使い方に対する後悔です。

大学生という、人生で見ても時間に余裕がある時期。

そして40代後半という金銭的に比較的余裕がある時期。

対照的な2つの時期の狭間で思うことがあるのだろうなと考えます。

実際、年収があるからと言って経済的に裕福であるとは限りません。(子どもが多い、借金の返済など)

しかし金銭的な後悔は、なんとか稼ぐことで埋めることができますが、時間の後悔はもう埋めることができないのだなとこのことからも考えさせられます。

 

 

 

 時給1,000円の大学生が思うこと・まとめ

 

 結論から申しますと、大学生の時給1000円でのバイトはあまり得ではないのではないか?ということです。

 というのは、時給1,000円でバイトしている大学生が思うこととしては、不必要に働かない方がいいのではないか?ということです。

 時給4000円を超える人が価値を感じるような時間なのだとしたら、今無理に時間を消費してお金を稼ぐ必要もないのではないか?ということですね。

 自分の場合は1人暮らしの大学生なので、食費や散髪代、その他日用品など必ず費用としてかかる部分があるので、その分は稼がなくてはなりません。

 最低限かかる分、そして自分が必要だと感じるお金(洋服、旅費等)に関してはバイトすることで賄おうと考えています。

 しかし、「暇だからバイトしよう!」「とりあえず貯金したいからバイトしよう!」などというような漠然とした動機で積極的に働きたいとは思えません。

 

 実際バイトってストレスフルですし、、、('_')

 まさに「時は金なり」ですよね。

結論としては、

 お金の使い方に関する後悔よりも、時間の使い方に関する後悔はしたくない!

 というわけです。

 

 とはいえ、「バイトをしなければやることもないしどうしたらいいのかわかんない」という人や、「バイトそのものが楽しい!」と考える人もたくさんいるでしょうから、正しい正しくないというのは一概には言えませんよね('Д')

 

 

 僕と同じようにアルバイトをしている皆さんにとって今という時間が、後になってもよかったなと思える時間であることを祈っています。

 

 拙いブログではありましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました。