てちてちブログ

心理系、福祉系の話題が多いです。少しでも皆様に役立つ情報を発信できればと思います。

児童養護施設で実習!施設の実態と考察

 

 

 こんにちは。私事ではあるのですが、今年の夏の一か月間、社会福祉実習として児童養護施設で実習をしてきました。一般家庭で過ごしてきた大学生として、どのように児童養護施設が目に写ったのかというような視点を大切にして、実態や考察を記述していきたいと思います。実習に行こうと考えている方、児童養護施設に興味を示している方にとって少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

児童養護施設の実態

どのような子ども達がいるのか

 僕にとって、児童養護施設は未知の世界であり、実習初日は非常に緊張していました。施設で暮らす子ども達は、虐待や、その他様々な理由によって複雑なバックボーンをそれぞれ抱えているのだということを事前に知っていましたので、正直な話偏見もありました。仲良くなれるかどうかというのは去ることながら、「いじめられるんじゃないか。」というような心配までしていました。今となってはとんでもないなとは思いますが。(笑)

 実習初日に、私は今まで偏見を抱いていた自分を大いに反省することとなります。積極的に遊んでほしい、おんぶしてほしい、抱っこしてほしいというような要求をしてくる子どもがとても多かったです。またそれぞれゲームやレゴ、ボードゲーム、テレビなど思い思いの遊びを楽しんでいました。まあ、誤解や批判を恐れずに伝えるとするのならば、少し関わっただけでは一般的な子どもと何ら変わりがわからない、というのが率直にまず思ったことです。実態を知らないからこそ生まれる「卑屈になっているのではないか」というような過剰な偏見をもって初日に子ども達と関わってしまった自分自身を大いに反省しました。

 

どのような職員さんがいるのか

 率直な感想ですが、全ての職員さんが、子ども達に愛情をもって接していることが伝わってきたため、私自身非常に感動しました。基本的に低姿勢で、子どもの良いところを褒めようとしたり、朗らかに接したりできます。しかし、多くの子どもの生活の面倒を見なくてはならないので、時に突き放したり、冷たく見えるような関わり方を強いられることもあります。ただそのような習慣が根付くことで、本質的に冷たく子どもと関わってしまうというようなことはありません。あくまでそれは、大人数での子どもの生活をより良くしていこうというような考えが真髄にあるものであり、子どもが抱えている苦しみや悲しみに寄り添い、対処法を模索しようとする姿勢を怠ろうということはないのです。

 

 

職員の勤務や給与形態はどのようなものか?

 職員の勤務は2通りであり、早番(6時30分~21時勤務、9時~15時休憩)と遅番(9時~9時30分、15時~21時休憩、21時~7時宿直)の2形態である。人手が少ないため、宿直の人と朝番の人をかぶせることで、なんとか子どもの面倒を見る人員を確保しているというような実態があるようでした。

 また給与は、児童指導員(教員免許取得者、児童福祉施設での実務経験あり、社会福祉士または精神保健福祉士のいずれかをもつ、という3つの条件のどれかを満たしている人が名乗ることのできる任用資格)、保育士(大卒が絶対条件)のいずれかによって異なる。とは言え、若干児童指導員の方が給与が高いものの、ほとんど差がないのが実態です。

 また給与が低く貯金をしながら1人で生活をしていくのはかなり難しい上、家庭を持ちたい、結婚したいなどのライフスタイルの変化における願望の強い人には難しい勤務形態であるため、離職率はかなり高いようです。

 

 

考察

 施設の子ども達は、要保護児童という扱いとなっています。全ての子どもが児童相談所の介入を受けて施設へ措置されており、多くの子どもが家族再統合を目指しています。そのため、子どもと親しくなりすぎないように注意する必要があるのだという職員さんの言葉が印象的でした。

 寂しさや悲しさなど、他人のネガティブな感情が見えたとき、それを無くすためにはどうしたら良いかと突発的に考えてしまうものだと思いますが、根深い問題をそれぞれ抱えていますので、根本的な解決は難しいのだと思います。根本的な解決よりも、そこから生じる生活、社会、健康などの様々な側面で支障をきたす問題にアプローチすると共に、より良い環境を選べるような力を与えるという事後的な対処に力を入れる必要があるのだということを痛感しました。実際、そのような意識付けの元で、業務にあたっている職員さんも多かったのではないかと考えています。