てちてちブログ

心理系、福祉系の話題が多いです。少しでも皆様に役立つ情報を発信できればと思います。

うつ病のケアに有効なぬいぐるみセラピー

人間関係の希薄化や、コミュニケーション不足などで、人と人との良い関係を築くなっている今、職場の人間関係などでうつ病などの精神病になってしまう人が増えてきています。

 

そんな時に、今注目が集まっているのが「ぬいぐるみセラピー」です。

 

「ぬいぐるみセラピー」について、まとめている記事があったので、そちらを引用させていただきます。まずは概要についてです。

 アロマセラピーやアニマルセラピーなど、うつ病に効果的なケア方法はさまざまあります。
そのなかには、ぬいぐるみを使ったケア方法もあります。
ぬいぐるみは子どものものだと思われがちですが、オランダの研究グループはぬいぐるみが持つ大人への癒し効果についての研究結果を発表しています。
その研究結果によると、ぬいぐるみには精神状態を落ち着かせ、癒しをもたらす効果があるとわかりました。
今回は、そのぬいぐるみが持つ癒し効果について紹介していきます。

www.utsu-s.jp

 

 うつ病のケア方法として、アロマセラピーやアニマルセラピーという言葉はかなりメジャーですよね。しかし「ぬいぐるみセラピー」という言葉は知らない人も多いのではないでしょうか?

それもそのはず。「ぬいぐるみセラピー」は比較的あたらしいケア方法なんですね。

 

なぜぬいぐるみが有効なのかというと、ぬいぐるみは肌に触れるということが必然になりますよね。その触れるという行為が不安の解消に良いとされているそうです。

 

またそれに伴って、ほかにも興味深い実験をしているので、そちらをご覧いただけたらと思います。

 

 加えて、被験者をぬいぐるみに触れさせて同じような実験も行われました。
質問の過程で死を意識させられた被験者にぬいぐるみの価値を質問すると、「ぬいぐるみの価値は23ユーロ」と答えたのに対し、死を意識させられなかった被験者は「ぬいぐるみの価値は13ユーロ」と答え、明らかな価値観の違いがみられました。

www.utsu-s.jp

 

 この研究結果から、人は死を意識させられたときに自分の存在価値に不安になり、その不安を解消するのに役に立つ行為が何かに触れるという行為であるという結論を出したそうです。

実際に比較してみると、確かに死を意識している人のほうがぬいぐるみに対して価値を見出しているといます。これは自分の価値を低いと感じるために、相対的にぬいぐるみの価値が高いと思ってしまっていることの表れと解釈することもできそうですね。

 

 

 

また、不安の解消以外にも、「自分自身を抱きしめる」という効果が期待できるのだとか。

ぬいぐるみを抱きしめることは、自分自身を抱きしめることになるのです。ぬいぐるみに自分自身の寂しさや不安、いたたまれなさを投影して抱きしめることで、「自分で自分の心を抱きしめ、癒す」といった感覚になるのです。

shohgaisha.com

自分もそうなのですが、物心ついて成長し、大人になってしまうとぬいぐるみを抱く機会なんてなかなかありませんよね。なのでこのように抱くことで自分自身の心を抱きしめ、癒すというのもなかなか想像するのが難しいというのが正直な所です。

 しかし自分自身の心を癒すことができるというのはなかなか画期的ですよね。もし家にぬいぐるみがあるのなら、1人のときにでも試してみたらいいかもしれませんね。

 

 

【補足】実はうつ病以外にも効果を発揮する場面があるそうで、それがアダルトチルドレンらしいです。「アダルトチルドレン」というのは、子どものころからの悩みをそのまま抱えて大人になってしまい、今もなお悩まされている人のことを指すそうです。

 このぬいぐるみセラピーによって、幼少期の心の傷をいやすことさえも可能なのではないかと考えられています。

この「アダルトチルドレン」の中には、うつ病患者が多いのではないかと考えられています。アダルトチルドレンうつ病患者は密接な関係であるため、どちらか、または両方抱えている人にとってもこのぬいぐるみセラピーは効果的なのではないかと考えられているそうです。

 

 

 

 いかがでしょうか。

大人になってしまったらあまり触れることのないぬいぐるみ。

実用性のないものとして敬遠されがちなのかもしれませんが、とんでもありませんよね。自分自身の心の傷をいやしたり、不安や孤独を解消したりできる。

ぬいぐるみなんて、安価なものも多いですよね。安価でこれだけの効果が期待できるという事実から、決して馬鹿にできないというような気がしているのは自分だけでしょうか(;^ω^)

またうつ病アダルトチルドレンでなかったとしても、孤独や不安、そして傷心するときもあるかもしれません。そんな時にぬいぐるみを使い1人でこっそり部屋の隅でぬいぐるみセラピーをするのもなかなかいい手段かもしれませんね。

 

 

拙いブログではありましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました(^^)/